スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採用面接「部長ならできます」への考察(産経新聞)

【from Editor】

 50代とおぼしき男性が、中小企業を訪ね、そこの社長に採用面接を受けた。

 社長「履歴書を見る限りよくわかりませんが、自信をもって何かできることはありますか」

 男性「?」

 社長「ですから、手に何か技術をお持ちですか。あるいは財務関係にはかなり詳しいとか」

 男性「そうですねえ。そうしたものは特にありませんが、“部長”ならできると思います」

 100年に1度の大不況。中高年の再就職状況は厳しい冬が続いている。そうした中、都内のハローワーク関係者から聞いた話だ。

 日本の高度経済成長で大企業がたくさん誕生し、多少の好不況の波はあっても、海外展開なども含めて組織拡大が進んできた。流通業などでは全国規模の企業もどんどん現れ、ベテランの社員が管理職として組織の管理能力を問われるようになった。

 聞いたことのある区分けでいうと、「総合職」とか「一般職」、あるいは「専門職」とか「技術職」など、企業や業界によってさまざまな呼び名と位置づけがなされた。簡単にいえば、企業にとって人材を「ゼネラリスト」と「スペシャリスト」に分けて、ビジネス発展の総合パワーを高めてきた。ゼネラリストは、その企業がカバーする分野に幅広く対応できる能力を持ち、スペシャリストを含め一定の組織単位の管理運営ができる人材といえる。

 しかし、リストラ時代になって、人員合理化をどこから手をつけるかとなると、ゼネラリストがどうしても先にならざるを得ない。業種にもよるが、スペシャリストはその企業にとって必要不可欠な存在。一方、ゼネラリストはある程度、社内で代替がきく。

 くだんの男性は、大企業ではないけど上場企業規模の間接部門の部長経験者だったらしい。スペシャリストの使い方、社内組織のなかで各部門との調整などに力を発揮し、そうしたことに自信と自負をもっていたのだろう。ちなみにその中小企業には不採用で、ほかのところにも就活を行ったが、同様な結果だったという。

 今年もまた、オフィス街に新入社員の輝かしい姿を多く見られる季節になった。企業にとって、これからの人材育成という観点からいえばゼネラリストとスペシャリストの二色構成では「発展の絵」は描けなくなるのではないか。企業規模拡大が永遠に続くと思い込んでいるなら別だが。(編集委員 小林隆太郎)

【関連記事】
45%の企業が65歳以上を全員雇用 厚労省調査
【今、何が問題なのか】教師全員クビ
会社に見切り? 三越4人に1人が早期退職希望
苦渋の再雇用、「骨抜き」の声も
社員“採点”結果で再雇用せず 「違法な制度」OB提訴

<囲碁>中部総本部を閉鎖 所属棋士5人が引退(毎日新聞)
「和解勧告受け入れ、協議開始を」―全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
<臓器提供児童>虐待の有無確認 厚労省方針(毎日新聞)
<自民幹事長>郵政改革法案は時代に逆行 参院選の争点だ(毎日新聞)
米海兵隊、沖縄に必要=平野官房長官(時事通信)

政府案、月内策定を約束=普天間移設問題-鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は24日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、「3月いっぱいには政府案をまとめる。それは約束するし、それをもって、米国にも沖縄の皆さまにも理解を求める」と述べ、今月中に政府案を策定する方針に変わりがないことを重ねて強調した。
 首相は23日夜、普天間移設問題をめぐり平野博文官房長官ら関係閣僚と協議した。これに関し、「擦り合わせを行ってきている。(移設先を)どこかに絞り込んだということでは必ずしもない」と説明。具体的な候補地については「一つ一つの案について言うことはできない」と言及を避けた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
「普天間」見直し、受け入れず=決着まで継続使用
調整ヤマ場、開けぬ展望=鳩山首相「針の穴に縄通す作業」
首相官邸の「KYカップル」?

<講談社>「TOKYO1週間」「KASAI1週間」休刊へ(毎日新聞)
別事件でDNA型一致、時効2日前に強姦罪起訴(読売新聞)
ダム工事 「小沢氏に業者逐一確認」高橋元秘書が初証言(毎日新聞)
オバマ政権の「マスコミはずし」 「電撃外国訪問」ツイッターで発表(J-CASTニュース)
准教授を停職6カ月=「性的暴行」女性が訴え-大阪大(時事通信)

首相動静(3月26日)(時事通信)

 午前7時43分、公邸発。「北沢防衛相と沖縄県の仲井真知事が会談するなど、普天間問題の実質的協議が始まったが」に「政府案を今月末までに決める段取りの説明などをスタートさせた」。同45分、国会着。同46分、院内大臣室へ。同50分、閣議開始。
 午前8時53分、閣議終了。
 午前8時54分から同56分まで、平野博文官房長官。同57分、院内大臣室を出て、同59分、国会発。同9時、官邸着。同1分、執務室へ。
 午前9時2分から同15分まで、宮尾龍蔵氏に日銀政策委員会審議委員の辞令交付。平野、松野頼久正副官房長官同席。同16分、赤松広隆農林水産相が入った。
 午前9時50分、赤松氏が出た。
 午前10時16分、松野官房副長官が入った。
 午前10時48分、松野氏が出た。
 午前11時50分から同56分まで、松井孝治官房副長官。
 午前11時57分から午後0時11分まで、滝野欣弥官房副長官。
 午後0時16分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時43分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後0時49分、執務室を出て、同50分、官邸発。同52分、国会着。同53分、衆院本会議場へ。同55分から同57分まで、樽床伸二衆院環境委員長。同59分から同1時まで、鈴木宗男衆院外務委員長。同3分、衆院本会議開会。
 午後1時9分、衆院本会議散会。同10分、衆院本会議場を出て、同12分、国会発。同14分、官邸着。同15分、執務室へ。
 午後3時56分、執務室を出て、同59分、記者会見場へ。同4時、記者会見開始。
 午後5時、記者会見終了。同1分、記者会見場を出て執務室へ。
 午後5時59分、執務室を出て、同6時、大会議室へ。同1分、タンザニアのピンダ首相と首脳会談開始。
 午後6時48分、首脳会談終了。同49分、大会議室を出て、同50分から同51分まで、官邸玄関でピンダ首相を見送り。同53分、執務室へ。
 午後7時26分、執務室を出て、同28分、官邸発。同31分、東京・赤坂のビル「アニマート赤坂」着。同ビル内の韓国料理店「どんどんじゅ」で秘書官らと食事。同44分、松野官房副長官が加わった。同55分、松井官房副長官が加わった。
 午後8時32分、平野官房長官が加わった。
 午後9時55分、同所発。同58分、公邸着。
 27日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【from Editor】テンプルに当てた一発の気概(産経新聞)
首相動静(3月25日)(時事通信)
天皇、皇后両陛下 京都・平等院を訪問 (毎日新聞)
<福知山線事故>遺族の思い届く 歴代3社長起訴議決 (毎日新聞)
<桂宮さま>微熱あり入院(毎日新聞)

龍馬の「婚約者」は美人、宇和島藩主のお墨付き(読売新聞)

 坂本龍馬(1835~67)が江戸で剣術修行中に知り合い、婚約したとされる千葉佐那(さな)が、飛び切りの美人だったとの記述が、愛媛県宇和島市に残る宇和島藩8代藩主・伊達宗城(むねなり)(1818~92)の記録「稿本藍山公記(こうほんらんざんこうき)」(宇和島伊達文化保存会蔵)にあることがわかった。

 龍馬研究者の宮川禎一・京都国立博物館学芸部室長が確認し、「同時代史料で確認できたのは初めて」と話している。

 佐那は北辰一刀流の達人千葉周作の弟、定吉の娘で、定吉の道場に学びに来た龍馬と知り合い、婚約して結納を交わしたとされる。

 公記は宗城の直筆の日記などから明治期にまとめられたもの。安政3年(1856年)6月19日の項で、当時19歳だった佐那が「世子殿」(9代藩主宗徳(むねえ)、当時27歳)の剣術の相手をして打ち負かしたくだりに「左那ハ、容色モ、両御殿中、第一ニテ」などとあった。伊達家の御殿は江戸に2か所あり、出入りする多数の女性の中で、宗城が佐那を一番の美人とみていたことが読み取れる。

 安政3年は佐那が龍馬と知り合った少し後で、伊達家の姫君の剣術教師だったらしい。

サンド伊達のブログ・ジンクス この芸人出すとコメント減る…
<ホンヨモ!セッション>南沢奈央さん、読書の魅力語る(毎日新聞)
両陛下と皇太子ご一家がご昼食(産経新聞)
藤川市議を擁立の方向=参院比例に-自民(時事通信)
チッソも受け入れの可能性=水俣病和解案で-小沢環境相(時事通信)

旧特定局長を経営幹部に=郵政再編で-亀井担当相(時事通信)

 亀井静香金融・郵政改革担当相は22日、広島市内で開かれた中国地方郵便局長会の会合であいさつし、日本郵政グループの組織再編に合わせて旧特定郵便局長を経営幹部に登用する考えを明らかにした。日本郵政の斎藤次郎社長とも合意しているという。
 政府は郵政改革に伴い、グループ5社体制から3社体制に改める方針。亀井氏は会合後、記者団に対し、新体制発足に際して「今の経営陣が全員残るということではない」と述べ、大幅な人事刷新の可能性を指摘。併せて「(全国一律サービスは)旧特定局が支えている。その声を経営に反映していくのは大事なことだ」と語った。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

愛子さま登校、皇太子ご夫妻「心を痛めています」(読売新聞)
<合志市長選>荒木義行氏が初当選 現職を破る(毎日新聞)
首相の普天間有事使用発言「理解に苦しむ」 自民・石破氏(産経新聞)
「消えた年金」問題でアピール=パネル使い熱弁-長妻厚労相(時事通信)
もんじゅ再開「月内こだわらず」=福井県知事に協力要請-文科副大臣(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。